自転車安全基準(BAA)

自転車安全基準(BAA)とは

自転車協会認証

自転車協会認証(じてんしゃきょうかいにんしょう、Bicycle Association (Japan) Approved、略称BAA)は、社団法人自転車協会(現:一般社団法人自転車協会)が制定した日本の自転車安全基準です。一般用自転車を対象としたBAAは、2004年9月から実施されました。2007年10月から、スポーツ自転車を対象としたスポーツBAA(略称SBAA)が導入されています。

BAAは、自転車の品質低下による事故を防ぎ、また「安全で長持ちする自転車」を目指し、安全性の向上と廃棄・放置自転車による環境への悪影響を防ぐことを目的とし、日本工業規格をベースにドイツ規格 (DIN) の安全基準を加えたものです。ねじ・ペダル・ブレーキ・制動性能・にぎり・照明・車輪・どろよけ・前ホーク・駆動部・ハンドル・リフレックスリフレクタ・フレームの各部について設けた基準以上の性能になるように制定し、適合車にはフレームに対しマークを貼ることができます。

自転車安全基準(BAA)適合製品一覧

リンク

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。